Uncategorized

転職したがる男に注意2

転職男は、誰にも相談もせずに思い立ったら仕事を辞めてしまいます。

自分の感情や気持ちに忠実に行動する、と言えば聞こえは良いのですが、要は忍耐力や協調性がないのです。そのくせ、プライドだけは人一倍です。

そんな転職男は、自分を特別扱いしてほしい、認めてほしいと自己中心的だったり、自己顕示欲が強いタイプが多いです。

さらに、嫌なことはしたくない、無理しても意味がないなどという片寄った価値感をもっています。新しい職場に行っても三日で辞めてしまう即決タイプや、年単位で転職を繰り返すタイプの転職男がいますが、どちらも自分なりの言い訳を用意しているので、会社を辞めるたびに家族と衝突するようになります。

自分自身は困っていないのでけろっとしていますが、妻や家族は情けなきと不信感で責めてしまいます。すると、だんだんと辞めたことを秘密にしたり、責められるのを回避するために、 一定期間引きこもったりもします。転職男と結婚すると、当然一時的に収入が無くなり、ある程度の年齢に達すると、転職しても年収は下がる一方になります。わびしい限りです。

「結婚したら、転職はしない」

なんていう言葉を信じてはいけません。

転職男は、結婚しても家族のために頑張ろう、子どものために我慢しようとは思いませんし、仮に一時的にそう思っても、性格上長続きできないのです。

すると、やがて「転職はおれの勝手だ、権利だ」なんて言ったりします。

どうですか? こんなこと言われたら。そんな男を夫に持つと、経済的にも精神的にも不安定で、幸福感などとても味わえません。当たり前のことです。

わかりますよね。仕事を辞める、転職するって決して悪いことではないのですが、それが度重なると、妻は夫を馬鹿にするようになってしまいます。そうなったら、ますます幸福感など持てなくなります。貴女が夫を一生養ってもいい……なんて思っていれば大丈夫かもしれませんが、なかなかそうはいきませんよね。

Author

admin@katarihotel.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です