Uncategorized

「民間」と「地方」の自治体の結婚支援事業

民間における結婚支援事業者の他に地方自治体が結婚支援に乗り出すケースもみられているようです。結婚するカップル増加を目指す、支援事業者として、自治体が動きだしている事に、なんだか違和感を感じる人もいるかもしれませんが、自治体のそのような支援の背景には、少子高齢化の地方の事情が大きく反映されているようです。1975年以降の出生率の低下は、日本社会全体においての結婚率の低下に大きな影響を受けていると考えるに至ったのだと思われます。実際に、結婚率が低下した背景には、出逢いの場が少ないと答える若者たちの声は少なくないのだそうです。そのような出逢いの場を提供できるような、地方でも自治活動を行う事で、地方にもカップルが根付き、結婚後、その地に定着してもらえるようなそのような想いが、地方自治体関係者たちの間にあるようなのです。未婚率の上昇が問題となっている、人口規模の小さな市町村では、少子化問題が、このまま広がりをみせる事は、自治体として大打撃を受ける事に繋がり兼ねないとの懸念への波紋が広がりをみせているようです。少子化対策として、結婚支援事業を行っている各団体は、民間事業との比較化を計っているのでしょうか。自治体関係者のお話からですと、結婚支援事業が、市や町、村の活性化にも繋がっていくような形を目指しています。地方の活性化につながるような活動を行っていければと、現在は、考えながら街の人々の協力を得ながら活動しています。最終的に、皆が、参加してみて良かったと思えるような活動を継続していきたいと語ってらっしゃいました。

Author

admin@katarihotel.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です