Uncategorized

結婚相手への「妥協」地点の見極め方

好きな人に好かれて結ばれる事は、「幸せ」であると考えている人が、結婚相談所に行くと、なんだか自分自身のことが、不動産物件のように扱われているような気がして、誰も好きになれなくなってしまったというような事をもらすケースがあるようです。好きな人から選ばれ、自分自身も相手を求めというような「幸せ」の形をファンタジーに描いていると、婚活の現実的なギャップに、「結婚」に恋焦がれていた自分が目の前に写し出されるのを感じるのだそうです。例え、バツイチであったとしても、2度目の結婚に夢をみている人もいます。ですが、結婚は夢見るようにはいかないというのが、結婚相談所でもあります。まずは、自分自身のお相手となる人をフィルターにかけます。さらに相手の方々も、様々な希望や年齢、出身地、年収、家アリorナシなど、多種多様なフィルターをかけてきます。そして、そのフィルターにかろうじて引っ掛かった人たち同士で、上手い事やって下さいという手順は、不動産屋さんに、物件探しに行く時を連想させます。不動産探しも、全ての理想を叶えようとすると、とんでもない労力と時間と費用を費やす事もあります。そこまでするような覚悟が、ある人は、結婚相談所に行く意味があるような気がします。多くの人が、結婚相談所を訪れて、数回目で、リタイアしてしまうのは、妥協を突き付けられるからだと言う関係者もいるようです。不動産屋さんでの部屋探しも、決定打は、どこの時点で妥協するかという点になるかもしれませんが、皆さんは、妥協から入る結婚をどう感じますか?悪くないという意見も少なくないようですよ。結婚相談でご紹介して頂けるお相手は、ある意味、世間の方々が皆さん自身をフィルターにかけた時に出逢えるお相手であったりもするのです。

Author

admin@katarihotel.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です